グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  新着情報 >  オスグッド改善プログラム 開始

オスグッド改善プログラム 開始


このエントリーをはてなブックマークに追加

入会不要 半額

オスグッド・シュラッター病
どこに行っても治らない選手たちへ
ACTIVATE GYMで
オスグッド改善プログラム


昔の私が感じていたあの膝の痛みを、これ以上感じてほしくありません。

97%がもっと早く知りたかった!というプログラム

改善プログラムの
5つのポイント!

  1. あなたのオスグッドの原因を見つけ出す。
  2. どこも教えてくれない段階をおった改善方法を行うことができる。
  3. ずっと使えるトレーニング・セルフケアを知ることができる。
  4. 今現在のカラダの機能・フォームの問題点を知ることができる。
  5. 結果的にパフォーマンス向上につながります。

申し込みされる方へ

申し込みされた方限定
入会不要 (通常は会員制) 
1回目   500円
2~8回目  半額の4000円/回 (通常ビジター8000円/回)

*このプログラムは8回までとさせていただきます。
*所要時間は50分/回
*終了時点で全く効果が得られない方へは全額返金補償

改善プログラムに参加する方法

今すぐご連絡ください!
混雑が予想されます。
電話で参加される方は 053-482-8252 
Faxでも24時間受付可能(お名前・ご連絡先をご記入ください)
インターネットで参加するからは下のボタンからお申し込みください。

実は私自身も

実は私、ACTIVATE GYM代表の山地は中高校生時代オスグッドで膝の痛みに悩まされながら部活(バスケット)を行っていました。レントゲンではスネの上の部分(脛骨粗面)は膨隆し、骨片も3つほど確認できました。オスグッドの症状は進行し、高校1年の冬に痛みは限界となり手術で骨片を摘出することとなりました。
この当時(22年前)、整形外科のクリニックや接骨院、整体などに通いモモ前のストレッチや超音波、低周波などの電気治療を行い、湿布を張り、痛み止めも飲んでいました。どこだったか忘れましたが、薬草を膝に塗られたこともありました。色々やりましたが、私の場合効果はほとんどありませんでした。結果、手術へ(最近はあまり行われていない)。
痛みに耐えて練習、手術をして長期離脱、この時間はすごくもったいなかったと思います。高校の部活は高校3年のインターハイで引退するのであれば実質練習できるのは2年2ヵ月ほどです。この短い時間を治療・リハビリに費やしてしまったのです。さらには、多くの治療費もかかり親にも負担をかけてしまいました。

いまだに

ACTIVATE GYMに、オスグッドに悩む選手やその父兄から相談を受けることが多々あります。相談を受けたときには、どういった治療を行っているのかを確認するのですが、やっている内容は私が中高校生時代と何ら変わりがないことがほとんどです。いまだに22年前と同じ事をやっているのです。症状のある膝の前に対して消炎鎮痛を行う対処療法と「モモ前の筋肉が硬いからオスグッドになるんですよぉ」と説明されモモ前のストレッチをやっているのです。確かにこれはこれで必要なのですが、根本的な原因にはアプローチされていません。

「治らず痛くて全力でプレーができない」
「痛みに耐えながら成長が止まるのを待つ」
「練習を休んで痛みが治まるのを待つ」
「治療に時間とお金を浪費する」
しかありません。

穴の開いた船に入ってくる水を一生懸命バケツで掻き出しているだけで、原因の穴を塞ごうとしていません。原因を除去できなければまた痛くなります。このフラストレーション、よくわかります。私がそうでしたから。
だから、私は同じ思いを若い選手にさせたくないと思い理学療法士になり、今回オスグッドの選手を対象に特別にトレーニング・コンディショニングを行おうと決めました。

じゃあ原因はなに

症状は膝の前にあり、押すとかなり痛いですよね。正座は拷問ですよね。ぶつけたときには痛すぎて力が入らないですよね。オスグッドになった人しかわからないあの痛み。痛いという症状は結果であって原因ではありません。では原因は何なのでしょうか?膝の骨が弱いのでしょうか?確かに成長期では骨端線と言って骨を成長させる部分があります。この部分は成長に関わる部分でモモ前の筋肉に引っ張られ膨隆してしまいます。膨隆したというのは結果であり原因ではありません。では、モモ前が硬く骨を引っ張ってしまうことが原因なのでしょうか?確かに原因には成り得ますが、これが原因であればおそらく全員オスグッドになっているはずです。
モモ前へ過剰に負担を掛け筋肉を硬くせざるを得ない理由が原因です!!!

<例えば>
1.  モモの前の筋肉を過剰に使い、スネの骨(脛骨粗面)へ強い引っ張る力が働く。
2.  過剰にモモ前の筋肉を使わなければいけないフォーム・動き方をしている。
3.  本来、モモ前と一緒に働かなければならない筋肉が硬い、弱い、使えない、。
4.  特に一緒に働かなければならないのは、モモ裏のハムストリングスとお尻の殿筋。
5.  ハムストリングスと殿筋が硬ければ、骨盤が後ろに寝てしまう。
6.  骨盤が後ろに寝てしまうと猫背になり、どんどん過剰にモモ前を使ってしまう!



要するにこの例の場合、「ハムストリングスと殿筋の硬さが猫背をつくり、モモ前に過剰なストレスをかけてしまいオスグッドになる」ということです。原因はモモ前ではないですよね。モモ前が硬くなったり、膝が痛くなるのは結果です。
猫背で構えた時は、膝がつま先より前に出てしまったり、重心が後ろに乗りやすくスポーツで素早く反応できなくなります。

ポイントは
  ハムストリングス、殿筋の柔軟性低下
  猫背(骨盤が寝てしまう)。
  モモ前を使うしかないので、膝がつま先より前に出てしまう。 などとなります。

そんなことは知っている!!

最近ではインターネットなどで簡単に情報を得ることができ、オスグッドになる原因を調べることができます。なので、猫背で膝が前に出るのはダメ!モモ前、モモ裏、殿筋をしっかり伸ばしましょう!というのは調べられるようになりました。そして、正しいパワーポジションや正しいストレッチの仕方というのも簡単に調べられます。調べた人は、そんなことは知っている!というと思います。治療に通っているところでも言われたことがあるのではないでしょうか?
ただ、
「それでもやっぱりパワーポジションをとると猫背になるんです!」
という選手が多いのが現状です。
そりゃそうです。
パワーポジションをとる要素が足りないから別のフォームになっているのですから。

実は一人一人違う

パワーポジション・スクワット姿勢

正しい姿勢(正しいパワーポジション・ランジ姿勢)をとれない原因は無数にあります。インターネットで調べたようには上手くいきません。なぜなら情報は基本的に万人に合うように作られていますから。しかし、選手一人一人で根本的な原因が違います。安易にモモ前の筋肉が硬いとかハムストリングスが硬いとか殿筋が使えないとかまとめてしまうのは危険です。実際、股関節を曲げてハムストリングス、殿筋を使いましょうと言われ股関節を曲げることを意識しすぎて腰を反ってしまいプレー中に腰痛が起きたり、肉離れをしたりと2次的な障害を起こしているケースもあります。
しっかり治すためには正しく体の機能を評価する必要があります。そして、その評価の結果からその選手に合わせたトレーニング、リハビリ、コンディショニングを行う必要があります。方法を間違うと良い姿勢はとれず、オスグッドは治らない、痛みが増す、他の場所が痛くなる、動きづらくなる、もしくは、たまたま治る。

動きを分解、そして組み立てる

ACTIVATE GYMが得意とする1つ、
スタッフは全員スポーツ現場で本気で活動する理学療法士・トレーナーで、動きをどこよりも細かく分解・分析し、根本的な原因を直接的に改善させ、そして再び正しい動きへと組み立て直し、その選手が行うスポーツに直結するように動き作りをします。
例えば、猫背の結果モモ前の筋肉を過剰に使い、モモ前の筋肉が硬くなってしまった場合、猫背を解消し正しい姿勢を作る必要があります。パワーポジションを作るということです。ではパワーポジションをとるために必要な要素の何が欠如しているのかを知る必要があります。要素としては、無数にありますがわかりやすいので言えば足首・膝・股関節が曲がる・体が前傾する・正しい体幹筋力・下肢にある筋肉の筋力・筋持久力・肩甲骨周囲の可動域等々ですが、この要素が1つでも足りなければ正しいパワーポジションはできません。股関節が曲がらない場合、なぜ股関節が曲がらないのかを詳しく調べます。曲がらない原因を治せば股関節は曲がり、正しいパワーポジションができるため過剰なモモ前の筋肉へのストレスは解消されオスグッドは改善されていきます。
これらの作業でフォームや動き方を変えれば痛みの改善・再発予防が可能となります。

痛みに悩む選手にどうしても伝えたい

  1. あなたのオスグッドの原因 : 原因が分かれば対処法がわかり不安がなくなります。
  2. 戦略的な改善・再発予防の方法 : 一撃必殺などはありません。
  3. 自分でできるケア方法 : 自分でケアできなければずっと治療院やマッサージに通う羽目になり、時間とお金を浪費します。


実際、ジムに来られている方たちは、ほぼ全員
「もっと早く知りたかった!!」
と喜んでいただけています。

さらに!ケガはチャンス!

オスグッドの原因を調べ、取り除くことでパフォーマンス向上が可能となります。問題の部分を知り集中的にトレーニングする絶好の期間です。
症状を改善させる内容とパフォーマンス向上目的のトレーニング内容は大きく変わることはありません。痛みが出る前よりも動けるようになり競技力が上がる。信じられないかもしれませんが、現場トレーナーを20年・理学療法士16年やってきて間違いないと確信しています。

一度あなたのオスグッド見せてください

通常のACTIVATE GYMは会員制なのですが、今回は特別に入会せずに通えるようにします。
なぜなら、私が中高生時代に悩まされたオスグッドの痛みを現在の小中高生に感じてもらいたくないからです。短い学生スポーツの時間を無駄にしてもらいたくないからです。対処療法に無駄な費用をかけてほしくないからです。痛くても我慢してプレーする現状を何とかしたいと切実に思っています。
なので、誰でも相談していただけるように
初回を500円のみ
とさせていただきます。初回はオスグッドの確認やその根本的な原因を探ります。初回だけでも結構です。初回だけでもお役に立てると確信しています。
そして、
2回目からは通常会員以外の方は1回50分8000円のところを
半額の1回4000円
で行います。
しかし予約枠数に限りがあります。オスグッドに悩まされている多くの方々へオスグッド改善プログラムを伝えていくために、申し訳ありませんがジムに来ていただける回数を8回までとさせていただきます。
ただ、この8回でも十分です。ジム以外でも指導する自主トレ・セルフケア内容をしっかり取り組んでもらえると、さらに改善させることは可能です。

安心してください! 補償します!
全く改善されない場合は全額返金します。

安心してください。もし、ACTIVATE GYMで行うオスグッド改善プログラムに全く効果がなく価値がないと感じられた場合、お支払いされた金額を全額返金いたします。

8回までと限定させていただきましたが、2回でジム卒業、3回でジム卒業することも問題ありません。
チケット制ではなくその都度のお支払いとさせていただくため無駄がありません。

さらに、もしスポーツ整形外科で受診が必要と判断した選手には、スポーツ整形外科をご紹介いたします。
レントゲン上での確認は大切です。オスグッドと思い込み、実際は違う問題があることがありますので。

オスグッド改善プログラムに参加する方法

ACTIVATE GYMは全力でオスグッドと向き合います。
ただ、予約枠に限りがあるため申し込み期間を9月10月中のみ
とさせてください。
再び半額での改善トレーニングを行うかは未定ですのでお早めにご連絡ください。


電話で参加する

053-482-8252
受付時間:月曜日~土曜日 (月~金曜日は9:00~21:00)(土曜日は9:00~17:00)

FAXで参加する

053-482-8252
(お名前・電話番号をご記入ください。追ってご連絡いたします)
(24時間受付)

インターネットから参加する

下のボタンをクリック