グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  コラム >  (スポーツ)フォームの重要性

(スポーツ)フォームの重要性


このエントリーをはてなブックマークに追加

フォームについて考えたことはありますか?

浜松にあるパーソナルトレーニングジムの山地です。
いよいよNIKE COURT(ナイキコート)でのバスケットボールの基礎のさらに基礎のトレーニングがスタートしました。
体幹トレーニングから構え(フォーム)の修正などから開始。
第1回目は満員となり非常に良いスタートを切ることができました。

私は普段からバスケットと行う際に非常に姿勢が重要だと選手たちに指導しています。
バスケットは動きと動きがつながりあって一つのプレーになります。

例えば、ジャンプで跳ぶ、着地、走る。
この時にジャンプができても着地でバランスを崩して不安定となった場合、次の走る動作が遅れてしまいます。
オフェンスのリバウンド後の場合、着地でバランスを一旦整えてから走りだしたり、バランスが崩れてトラベリングになってしまうのを避けるためにいらないドリブルをついてしまいます。そのためアウトレットパスは遅れ、速攻が出たはずなのに出せず簡単に点を取ることができなくなります。
ディフェンスの場合は逆に早く戻らないといけないにバランスを整えている間に相手に走られます。簡単に点を取られ負けてしまいます。

こういった現象は、バスケが上手いとか下手とかというレベルの話ではありません。
体幹が弱いとか、安定した姿勢が取れないというレベルの話になります。

ただ、スクワットのような構えた姿勢が猫背の選手に一言姿勢をちゃんとしなさい!といって治るものではありませんし、そもそも良い姿勢というものを本人が理解できていません。

さらには、スクワットの姿勢をとるための股関節の柔軟性や筋力が無いとなれば、いくら練習中に指示しても変わることはありません。

フォームを作り直すというのは早ければ早いほど良いです。
なぜ、良いフォーム姿勢が取れないのかのを知る必要があります。

ACTIVATE GYMでのパーソナルトレーニング、もしくはNIKE COURT(ナイキコート)でのトレーニングでフォームづくりをお勧めします。

詳しくはこちのリンクをクリックしてください。

http://www.activate-gym.com/news/nikecourt01/index.html